Home > Archives > 2013年2月 Archive

2013年2月 Archive

恐るべし「東京スカイツリー」

  • Posted by: イハシライフ
  • 2013年2月25日 20:33

先日、遅ればせながら「東京スカイツリー」に行ってまいりました。

時間は夕方4時半頃でしたでしょうか。

エレベータで展望台へ上がった私の目に飛び込んできたのは、遠くに見える東京湾や新宿の高

層ビル群とその向こうに夕焼けをバックに映える富士山の稜線でした。

これらの眺望も必見なのですが、一番ビックリしたのは「東京スカイツリー」自身が作りだす影の長さです。

遠くに流れる荒川をゆうに超えて伸びています。我が社の内藤マネージャーのご

自宅の太陽光発電は大丈夫でしょうか、と一瞬心配になる程。

調べてみると、ピークは冬至で自身の3倍の長さ、2km以上にもおよぶそうです。

実際、目を凝らして周囲を見渡すと・・・やはり有りますね、太陽光パネルを設置してる建物が。

おそらく、スカイツリーの影はわずかな時間とはいえ事前に承知の上で設置したのでしょうけ

ど、「東京スカイツリー」、恐るべし。

担当:上原

TokyoSkyTreeShadow-thumbnail2.jpg

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「シェールガス革命」と太陽光発電

  • Posted by: イハシライフ
  • 2013年2月18日 20:48

 国内では、原発やメガソーラーの導入が話題になっていますが、世界では100年に一度あるかないかのシェールガス革命が進行しています。原発停止後に、液化天然ガス(LNG)の輸入増加により価格が急騰していますが、埋蔵量が300年以上はあるともいわれているシェールガスが、中長期的には価格押し下げの要因になりLNGの価格は下がるものと思われます。そうなれば、電気料金も値下げできるでしょうし、一気にLNGが、エネルギーの主役になることも予想されます。数年後には、たとえば、東京都が計画している火力発電所10基にはシェールガスが採用されるともいわれています。

再生可能エネルギーの比率は、現在の約10%から2030年には25~30%まで伸ばすというエネルギー政策により太陽光をはじめとする再生可能エネルギーが、大量に導入されるのは間違いありません。LNGによる火力発電は、原発と比べて再生可能エネルギーとの相性がいいと言われています。それは、火力発電は、太陽光発電などの出力が変動しても供給を需要に合わせることができ、電力の安定供給には最適だからです。その理由(Yahoo知恵袋、2012/4/19より)は下記のことが考えられます。

 

  •  天然ガスの可採年数が数百年以上に伸び枯渇の心配がない
  •  発電効率60%の高効率とシェールガス導入で燃料費が安価
  •  設置コストが安い
  •  環境汚染の少なさ
  •  発電出力の調整能力に富む

シェールガスが、人類にとって救世主のように感じられますが、シェールガスの普及とともに、エネファームや太陽光などの再生可能エネルギーである分散・自立型エネルギーへの期待は一段と高まるものと思います。当社として、「ガスか電気」ではなく、それぞれに長所、短所があります。皆様のニーズ、家族構成やライフスタイルに最適なエネルギーをご提案させていただきたく、引き続きよろしくお願いいたします。

担当:内藤

  

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

そろそろ締切です。

  • Posted by: イハシライフ
  • 2013年2月11日 11:49

皆様こんにちは。先日無事に33歳の誕生日を迎えることができた中島です。33歳は旬の関サバのごとく、キラッキラに輝けるような1年にしたいと思います。最近感じる体の衰えには目を逸らしての決意ですが。。。

 

さて。今年度の電力買取制度(@42円)の申込期限が迫ってきています。経産省の方でも2/22を一つの目安にする、というアナウンスがありましたし、実際お勧めする我々としても本当にあっぷあっぷの状態です。そんな中、一人でも多くの方に今年度の制度をご活用いただけるよう、日夜奔走している毎日です。

 

来年度の単価は37~38円になるのではないか、という声が聞かれますが、太陽光を導入されていない方、またご興味のない方にとっては「-4、-5円くらいの話じゃん」と思われるかもしれません。そこで、簡単に試算をしてみたいと思います。

 

まず想定する設置容量ですが、全国平均である4kWシステム、年間で4,000kWh発電する設備があったとしましょう。4,000kWhの内、日中自家使用する分は全国平均である年間1,500kWhとします。(4,000-1,500)で2,500kWhが年間で売りに出せる電力となりますが、今年度の制度ですと単価42円をかけて

 

2,500(kWh)×42(円)=105,000円 ・・・①

 

これが来年度、仮に単価37円として試算しますと、

 

2,500(kWh)×37(円)=92,500円 ・・・②

 

となります。買取単価はいずれも10年の固定価格としますと、10年間では①-②×10(年間)で125,000円の差、ということになります。今年度の埼玉県の補助金は4kW以上のシステムで一律10万円でしたから、今のタイミングは「埼玉県の補助金は終わってしまったけれども、設置をするのであれば来年度よりお得になるであろう」期間、ということになります。本当に、塵も積もればという話ですよね。来年度、システム価格がこの差以上に安くなれば来年度でもいいのでしょうけれども、最前線でお見積をご提示している立場からすれば、これはなかなか難しいのかなと感じます。

 

しかしながら、メーカーさんの血が滲むような努力の結晶で、作れる電力がより多い商品が世に出回るようになっていることもまた事実です。先程の例ですと、同じ面積で年間で4,000kWhしか作れなかったところに、仮に4,500kWh作れる商品が生まれれば、500kWh多く売りに出せることになり、先程の差は簡単に解消できてしまいます。生まれれば、という仮定ありきの話ですが。。。メーカーさん頑張って下さい!

 

私からすれば、来年度以降も太陽光発電システムは素晴らしい!という事実は変わらないわけですから、引き続きお勧めすることに変わりはないんですけれど。とにかく、締切間近!!です。

 

担当:なかじま

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アラフォーの身体

  • Posted by: イハシライフ
  • 2013年2月 4日 21:20

立春を迎えたとはいえ、連日寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、昨年受けた健康診断の結果が返ってきました。

見事に要再検査!何が悪いかって血液がドロドロらしいのです。

気持ちは20代でいるけれども、確実にアラフォーなりの身体になってるんですね。

そういえば、ヒザの不調と遊びの忙しさにかまけてランニングさぼってました。

おまけに寒いとラーメンが美味しいんですよね~。

ということで、休日のランニングを再開してみたのですが、やはりイイですね。

何がいいって、気持ちがイイんです。

頭も身体もスッキリ、心もリセット、まさに理想の休日の過ごし方かも知れませんね!

2月24日(日)は東京マラソンの日。今年もまた出場機会には恵まれませんでしたが、

新しい自分を発見できるチャレンジングなイベント。

来年の出場をひそかに夢見てテンション上げながら、この冬を乗り切りたいと思います。

 

245938.jpg

担当:上原

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > Archives > 2013年2月 Archive

Search
Feeds

Return to page top